手取キャニオンロード(手取川自転車道線)|石川ちゃりんこロード

手取キャニオンロード(手取川自転車道線)

初完走:2019年8月10日 / 更新:2020年10月11日

手取キャニオンロード(手取川自転車道線)

手取キャニオンロード(手取川自転車道線)は北鉄旧金名線跡を利用したサイクリングロード。起点の加賀一の宮駅から道の駅瀬女まで全長約19.6km。11月下旬から4月末まで積雪のため冬季閉鎖。

手取キャニオンロードは、2019年に白山町から加賀一の宮駅のある古宮公園まで延長されたため正確な起点が分からない。ここでは、加賀一の宮駅がある場所を起点としている。

起点から終点まで標高を200mほど登るが廃線を利用したサイクリングロードだけあって、全体としてなだらかな坂が続き走りやすい。白山下駅から道の駅瀬女までは一般道を走るのでややきつめの坂がある。

自転車道は山の方へと走るので、景色のバリエーションが豊富で峡谷などもあり楽しめる。

隣接する自転車道・遊歩道

起点(手取キャニオンロード)の周辺

キャニオンロードの起点から手取河川敷道路へ続く。その先、健康ロードや加賀海浜自転車道へと繋がる[📸19年11月] 起点には古宮公園の駐車場がある[📸19年11月] 手取川を渡ると道の駅しらやまさんに行く[📸19年11月]

起点の近くには手取川河川敷管理道路があり、さらに河口に進むと加賀海浜自転車道へと繋がる。また、道の駅しらやまさんも近い。

手取キャニオンロードの起点。旧加賀一の宮駅周辺は整備され2019年に自転車道として延長された[📸19年11月] 以前は鉄塔や信号など廃線の名残があった[📸19年110月] 綺麗になった加賀一の宮の駅舎(ホーム側)。駅舎の表と裏にサイクルラックが設置されてる[📸19年11月] 綺麗になった加賀一の宮の駅舎(表)。中は建物わきにトイレもあり休憩所として利用できる[📸19年11月] 綺麗になった加賀一の宮の駅利用時間は朝8時半~夕方5時まで※季節などで利用時間が変わる場合があります[📸19年11月] 中は空調が効いていて自販機もある。当時の運賃や時刻表、使われていたと思われる鉄道の道具なども展示されている[📸20年02月]

旧加賀一の宮駅前が整備され休憩所に、線路のあった場所がサイクリングロードへと変った。駅舎には自販機も設置されていて冷暖房も完備。

起点からバードハミング鳥越

加賀一の宮駅を起点として手取キャニオンロードを進む[📸19年11月] 手取キャニオンロードから見える国道157号線と手取川[📸19年11月] 手取キャニオンロードが加賀一の宮駅まで整備される前はここが起点だった[📸19年11月] 国道157号の横を走る手取キャニオンロード[📸19年11月] 県道44号線をアンダーパス。上の道路に最後のコンビニローソンとセブンイレブンがある[📸19年11月] 住宅の裏を通る。カーブで見通し悪い場所があるので対向車注意(キープレフト)。[📸19年11月] 自転車道と一般道の交点は車止めのポールが設置されているが金名橋手前は通り抜けにくい[📸19年11月] 金名橋[📸19年11月] 金名橋の説明看板[📸19年11月] 金名橋から手取川。中流や下流と比べて渓谷の地形へと変わりつつある[📸19年11月]

自転車道は国道157号線の横を通り、金名橋まで来ると手取川が渓谷のような景色へと変わる。

金名橋を渡ると県道44号線を横断し並走する[📸19年11月] 手取キャニオンロードと並走する県道44号線[📸19年11月] 奥には国道157号線が見える。R157はアップダウンの坂がありあそこを自転車で走るのは流石に厳しい[📸19年11月] 走行日の11月9日は冬季閉鎖の看板を設置する準備をしていた[📸19年11月] 瀬木野休憩所。昔はここに瀬木野駅があった[📸19年11月] 手取キャニオンロードの観光案内版。距離も記載されているので到達時間の目安になる[📸19年11月] 休憩所というもののベンチだけで日陰はない[📸19年11月]

金名橋を過ぎて少し進むと瀬木野休憩所がある。休憩所と言ってもベンチがあるだけで日陰は無い。手取りキャニオンロードの案内マップが設置されている。

少し山の近くを走る[📸19年11月] 緩やかな道が続くので走りやすい[📸19年11月] 大日川駅跡。そばには今も鉱山がある[📸19年11月] 旧金名線があったことを知る看板。[📸19年11月] 県道44号線を横断して分かれる。この写真右手に(隠れているが)鉱山がある[📸19年11月] 大日川を渡る[📸19年11月] バードハミング鳥越の案内板。この手前の道を右に回ると道の駅一向一揆の里へのトンネルをパスできる[📸19年11月] バードハミング鳥越は交差点を左に曲がる。日帰り温泉もある[📸19年11月] 交差点を過ぎて直ぐ、手取キャニオンロードの案内板[📸19年11月] 手取温泉駅跡[📸19年11月]

自転車道を左に少し進むとバードハミング鳥越がある。自転車道内には旧線の駅名看板がある。

バードハミング鳥越から綿ヶ滝憩いの森

バードハミング鳥越から進んでく[📸19年11月] 国道360号線の交差点を渡る[📸19年11月] 渡った先の民家の間が自転車道入口[📸19年11月] 国道360号線を進みトンネルを抜けた先に道の駅一向一揆の里がある。バードハミング鳥越て前の道からr44に合流でトンネルを回避できる[📸19年11月] 自転車道は民家と裏山の間を走る[📸19年11月]

この近くに、湧水の弘法池がある。国道360号線を右手にトンネルを通り過ぎた先に道の駅一向一揆の里がある。トンネルは歩道があるが狭いのでバードハミング鳥越手前の住宅地から県道44号に入ったほうが走りやすい。

サイクリングロードは神社の参道を跨ぐように進む[📸19年11月] 金名線は鳥居の中を横切っていたらしい。列車が走るのを想像するとなんだか凄い絵図。[📸19年11月]

金名線はこの神社の参道を横切るように線路があったらしい。列車が通るのを想像すると凄い場所走っていたと思う。

神社を抜けると道路を横断する。[📸19年11月] 平坦な道を進む[📸19年11月] 遠くに綿ヶ滝の駐車場が見えてきた。しかしこの日はなんとも青空[📸19年11月] 綿ヶ滝に到着。駐輪場は無いが観光名称[📸19年11月] 手取りキャニオンロード案内板(綿ヶ滝)[📸19年11月] 綿ヶ滝の案内板[📸19年11月] 展望台から綿ヶ滝が一望できる[📸19年11月] 階段で下にも行ける。滝の水しぶきで滑りやすいので注意[📸18年07月] 下は滝の水しぶきもあり涼しい[📸18年07月] レトロな郵便ポスト。集配日時は書かれてないので使われてないもよう[📸19年11月]

綿ヶ滝憩いの森は階段を下りて近くで綿ヶ滝が見ることが出来る。夏は涼しい。3年ほど前は川の近くまで降りれたのに、今は(20年夏)階段の近くまでしか行けなくなった。

綿ヶ滝憩いの森から白山下駅サイクルステーション

綿ヶ滝からさらに進む。[📸19年11月] 道の駅瀬女まで5キロ地点。道の駅の案内が出るようになった[📸19年11月]

綿ヶ滝を過ぎると道の駅瀬女の案内が出るようになった。

手取りキャニオンロード[📸19年11月] サイクリングロードは緩やかな道が続くので登ってきた感じはしないが、周りの景色を見ると登ってきたようにも感じる[📸19年11月] 河原山休憩所に到着[📸19年11月] 河原山休憩所[📸19年11月] 休憩所スペース[📸19年11月] 何もないが、800mほど進むと白山下駅サイクルステーションがある[📸19年11月]

河原山休憩所には何もない。800mほど進むと白山下駅サイクルステーションがある。

白山下駅サイクルステーションが見えてきた[📸19年11月] 白山下駅サイクルステーション。トイレと休憩スペースがある[📸19年11月] 建物両サイドには駐輪場も設置してある[📸19年11月] 建物内は入れる[📸19年11月] もう1つの入口は外からも中からも閉まっていて入れない。2,3回ここに来ていますがいつもこんな感じなので、休憩スペースだけなのか営業しているかは不明[📸19年11月] 金名線当時の運賃表[📸19年11月] 白山下サイクリングパーク案内図[📸19年11月] 手取りキャニオンロード案内案(白山下駅サイクルステーション)[📸19年11月]

白山下サイクルステーションは自販機は無いがトイレがある。中も入れるようだが、運賃表のパネルがある部屋だけは何時来ても閉まっている。

白山下駅サイクルステーションから終点

白山下駅サイクルステーションから終点まで進む。残り2.8キロなのでもうひと踏ん張り[📸19年11月] あの橋を渡る[📸19年11月] 自転車道はここで終了。この先は一般道を走る[📸19年11月] 橋の柵の高さが低いので注意して渡る。怖いので橋から写真を撮る余裕はなく車が走らない限り車線の真ん中寄りを通る[📸19年11月] 橋を渡ると、上を走っている国道157号と合流するので登りになる[📸20年03月] 国道157号線との交差点。信号は反応式、手取りキャニオンロードの看板もある。[📸20年03月]

白山下駅サイクルステーションからは一般道を走る。ここから少しきつい登りになる。

短い区間の自転車道。道は下る[📸20年03月] 国道わきの生活路に入り、国道157号線をアンダーパス[📸20年03月]

短めの自転車道を過ぎて下り。国道157号の下を通る。この先国道に合流するので再び登ることになる。

手取川に繋がる尾添川を渡る[📸20年03月] 尾添川[📸20年03月] 上を走ってる国道157号線に合流するために再び登り坂になる。激坂ではないが体力無くて坂慣れしていないと疲れる坂[📸20年03月] 登り切ったら白峰と一里野方面へ分岐する交差点に着く。手取りキャニオンロード終点は交差点を左折[📸20年03月] 道の駅瀬女が見えてきたらもう直ぐ終点[📸20年03月] 手取キャニオンロードの終点[📸20年03月]

最後の坂を登り切って国道360号線に入ると道の駅瀬女が見えて、手取りキャニオンロードの終点標識も見える。

終点(道の駅瀬女)の周辺

手取りキャニオンロード終点の道の駅瀬女。19年7月に来たときは入口前にサイクルラックが設置されていたが3月はまだオフシーズンなのか設置されていない[📸20年03月] ここから先は、中宮・一里野、白峰に行けるが、トンネルやロックジェットがあり気軽には行けない。体力が付いたら一度中宮・一里野方面へは行ってみたい気もする[📸20年03月]

この先、道は二手に分かれて一里野方面や白峰へと道は続くが、トンネルやスノーシェッドが連続でありどちらも登りがきつくなる。

コースマップ

隣接する自転車道・遊歩道