手取キャニオンロード

初完走:2019年8月10日 / 更新:2020年06月14日

手取キャニオンロード

手取キャニオンロード(手取川自転車道線)は北鉄旧金名線跡を利用したサイクリングロード。起点の加賀一の宮駅から道の駅瀬女まで全長約19.6km。11月下旬から4月末まで積雪のため冬季閉鎖。

手取キャニオンロードは、2019年に白山町から加賀一の宮駅のある古宮公園まで延長されたため正確な起点が分からない。ここでは、加賀一の宮駅がある場所を起点としている。

起点から終点まで標高を200mほど登るが廃線を利用したサイクリングロードだけあって、全体としてなだらかな坂が続き走りやすい。白山下駅から道の駅瀬女までは一般道を走るのでややきつめの坂がある。

自転車道は山の方へと走るので、景色のバリエーションが豊富で峡谷などもあり楽しめる。

隣接する自転車道・遊歩道

起点(手取キャニオンロード)の周辺

▲ページトップ▲

河口から辰口橋

▲ページトップ▲

バードハミング鳥越から綿ヶ滝憩いの森

▲ページトップ▲

綿ヶ滝憩いの森から白山下駅サイクルステーション

▲ページトップ▲

白山下駅サイクルステーションから終点

▲ページトップ▲

終点(道の駅瀬女)の周辺

▲ページトップ▲

コースマップ

隣接する自転車道・遊歩道

▲ページトップ▲