手取川河川管理用道路

初完走:2019年11月09日 / 更新:2020年06月14日

手取川河川管理用道路

手取川河川敷道路は、白山市美川南町の手取川河口から鶴来地区までの河川敷道路。全長約17km(スマホのGPSで測定)。

厳密にはサイクリングロードではないため自動車も通るが「川北町コミュニティ&スポーツ公園」を過ぎて鶴来地区までの区間は自動車が入れないように車止めが設置されている。

道幅は1,5車線~2車線ほどで広くて走りやすいが川北町から河口側は砂利プラント工場があり、車が通行できる区間は大型のダンプも行き来する。

川北花火大会の時期は、自動車が通れない区間も臨時駐車場になるため車が通る。また、人も多い。

河口から山の麓へ景色が変わるので川の流れの変化も楽しめる。

隣接する自転車道・遊歩道

手取川河口の周辺

▲ページトップ▲

河口から辰口橋

▲ページトップ▲

辰口橋から鶴来地区白山町(上流側)

▲ページトップ▲

上流側の周辺

▲ページトップ▲

コースマップ

隣接する自転車道・遊歩道

▲ページトップ▲